神出鬼没のヤモリ

昨夕、妻が一階の台所にヤモリが出てきたと騒ぐ。網戸の枠の角を利用して、隠れて動かないヤモリ。さて、どうしようかと見守っていたまま眠る。

今朝、妻が、

「いなくなったわ!」

と起きぬけに、私に言う。娘が家出でもしたのかと思うと、「ヤモリさんが」と付け足す。やれやれである。

いつ現れ、いつ消えるか予想できないヤモリは、まさしく神出鬼没。その名のとおり、きっと家を守ってくれっているのだろう。

   亡霊には騒音かもしれないヤモリのララバイ  夏石番矢

"神出鬼没のヤモリ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。