沖縄の大城貞俊さんからの『抗いと創造』と返礼

昨年12月1日に、

コールサック社合同出版記念会
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201812article_6.html


でお会いした、沖縄の文学者、1949年生まれの大城貞俊さんから、立派な著書が届く。

『抗いと創造――沖縄文学の内部風景』(コールサック社、2019年5月、本体価格1800円)
352ページ

画像


お礼に3冊の拙著にサインしてお送りする。

まだ、この著書を読んでいないが、巻末に人名索引があり、私たち本州の人間が知らなかった沖縄の文学者のかなりの部分が、この本で包括的に論じられていることがわかる。

私は2度沖縄を訪れて、戦争と基地の悲惨さと御嶽の別世界を知った。

いずれも冬休みの滞在だったが、顔に日焼けしてしまった。

2度目の沖縄での俳句。

  南島で何度も濃い夢授かりぬ  夏石番矢

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック