山の上ホテル前で稲垣吾郎(?)の写真撮影

2018年9月26日(水)午後1時20分ごろ、明大駿河台キャンパスへ出講中、山の上ホテル前の坂道、街路樹の下で、稲垣吾郎(?)の写真撮影に出くわす。

画像


坂道を横切って、カメラマンと稲垣吾郎(?)の間を通るのをためらっていたら、アシスタントだかカメラマンだかが、「どうぞ通ってください」という合図を手振りで示した。

被写体の稲垣吾郎(?)の顔、それも目ををまじまじと見つめて坂を横断してリバティタワーへ歩いたが、やはり稲垣吾郎のような気がする。私が見つめても表情を変えない。彼はもう若者ではなく中年だと感じた。秋の雰囲気を出した写真を撮影していたのだろう。

1メートルぐらいの距離で見た稲垣吾郎(?)は、目を整形したような印象を持った。

  秋雨の木陰整形した目の男が立つ  夏石番矢

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック