新句集『鬼の細胞/Ogre Cells』校了!!!

約一か月の入院生活を詠んだ新句集『鬼の細胞/Ogre Cells』が校了となる!!!

画像


内容
序文 夏石番矢
日本語と英語の2言語

 この新句集に44句の俳句と30枚のイラストを集めた。
 表紙と本文に使用した奇怪な「鬼の細胞」を描いた1枚のイラスト以外は、すべて2018年6月29日から7月31日までの入院生活中に作成したものばかりである。
 消化器の病気と糖尿病の治療を受けた病院での、暇な時間に生まれた俳句をパソコンに記録し、スケッチブックにパステルと鉛筆でイラストを描いた。
 私の病気は重くもなく、軽くもなかったが、俳句創作とイラスト制作は、私に生きる喜びをもたらしてくれた。
 退院して自宅でこの句集を編集しているときも、すなおな喜びを味わった。
 読者にも生きる喜びが伝わることを心より願う。

日本語と英語の2言語で44俳句

鬼の細胞切り捨て白い小花を描く

Ogre cells discarded
I draw
tiny white flowers


鬼細胞子鬼細胞孫鬼細胞みな消えよ

Ogre cells, ogre child cells
ogre grandchild cells,
go away, all!

夏石番矢自身による30枚のイラスト
画像


画像


出版元 Cyberwit.net(インド)
https://www.cyberwit.net/

定価 16米ドル

参照
新句集『鬼の細胞』校正中
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201808article_30.html

新句集『鬼の細胞』カバー
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201808article_26.html

句集『鬼の細胞』編集開始
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201808article_4.html

「鬼の細胞」俳句作り始める
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201807article_28.html

入院中の作品
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201807article_30.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

退院後初外来検査・診察
Excerpt: 7月31日(火)のIMS富士見総合病院退院後、同病院で初外来検査・診察を受ける。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2018-08-17 15:31

新句集2言語版『鬼の細胞』発売開始!!!
Excerpt: 新句集2言語版『鬼の細胞』が、インドのCyberwit.net社のサイトから発売開始となった。そのうち、Amazon.comを通じて世界各国への発売も可能となる。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2018-08-24 21:17

山頭火に捧げる俳句マグカップ
Excerpt: 種田山頭火に捧げる俳句マグッカプの製作を発注し、完成品が届く。内外とも白地のカップで、出来がなかなかいい。山頭火がしゃべり出しそうな絵。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2018-08-25 17:29