三島鴨神社

2018年3月24日(土)早朝、タクシーでJR茨木駅から高槻市三島江の、

三島鴨神社

へ向かう。

画像







仁徳天皇の時代に、百済より渡来の神、オオヤマツミを祀る。名前からすると、山の神のようながら、『伊予国風土記』逸文によれは、「わたしの神」。渡来、航海の神。日本で最初の三島神だが、当初の場所から移転。瀬戸内海の大三島神社もここから移った。

三島とは、神聖な中州や島を指すのだろう。

幹の曲がった老松が、なんともゆかしい。
画像


樹皮の拡大写真
画像


本殿のご神鏡
画像


氏子の手入れよく、美しく磨き上げられている。

扁額のかかった鳥居
画像


鳥居前の水田
画像


この辺りは現在、倉庫が多い。また、平地が続くが、古代は海か湿地。淀川というより、淀川湾がこのあたりまで続いていた。対岸は神武東征に出て来る、白肩(現在の枚方)の津。

 腰折れの松や平らな田を延べる  夏石番矢



























三島湟咋—鴨族を追って邪馬台国に至る
新泉社
坂田 護

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三島湟咋—鴨族を追って邪馬台国に至る の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック