教育出版へ自作俳句掲載許可

教育出版の平成30年度高校国語科用教科書に準拠する教師用指導書への、夏石番矢俳句2句、

  日本海に稲妻の尾が入れられる

  降る雪を仰げば昇天するごとし

の掲載許可を投函する。

教育出版の出版物では、2句とも出典は、

夏石番矢『夏石番矢句集 現代俳人文庫5』(砂子屋書房、1995年)

より詳しくは、

  日本海に稲妻の尾が入れられる

句集『神々のフーガ』(弘栄堂書店、1990年)収録。

この俳句は、「神々のあくび 光の無言歌」(「未定」第37号、1988年5月、未定発行所、小平市)の一句として掲載。このとき「未定」はごたごたしていた。

  降る雪を仰げば昇天するごとし

句集『猟常記』(静地社、1983年)収録。

この句は、雑誌では、

山口誓子主宰「天狼」1972(昭和47)年6月号掲載。本名(兵庫 乾 昌幸)で1句だけ入選。

高校教科書への自作俳句「降る雪を」掲載許可
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201207article_23.html

今回、「未定」のバックナンバーを屋根裏でひもといて、「日本海に」の句を発見した。


参照
夏石番矢句集一覧
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201505article_33.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック