ダヴィンチの孤高

帰国前の9月12日(火)、パルマのピロッタ宮にある国立ギャラリーを訪れた。






聖母マリアを描いた彫刻や絵画が数多く展示されていた。

その1枚。中世の硬さの残るルネッサンス期の絵画。

画像


かなり人間的なやわらかさの出たルネッサンス期の絵画。しかし、聖母の気品が減退している。

画像


これらの聖母子像に対して、レオナルド・ダヴィンチの聖母マリアのデッサン。

画像


まったく格の違う作品。

聖母の高い気品を保ちながら、恥じらいや若やぎ愛らしさがデッサンだけでも濃厚ににじみ出ている。

ダヴィンチの名品だけ観ていてはわからない、他の画家とはまったく別格のダヴィンチの卓抜と孤高を、この1枚から実感できた。

  聖母への小道に雲雀と花薊  夏石番矢

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック