シリアの詩人インタビュー

東京在住のシリア出身の詩人モハマド・オダイマさんのインタビューが、雑誌「詩人会議」2017年3月号に掲載された。そのコピーを添付ファイルでオダイマさんから受信し、読んだ。

画像


画像


シリアの現状についての生の声が記録されている。

シリアの状況を悪化させているのは、欧米。

あいかわらず侵略主義、植民地主義が続いている。

『千夜一夜物語』でその華麗な繁栄を謳われたダマスカスの悲惨さ。

『イブン・バットゥータ『大旅行記1』
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201606article_2.html

この都市から夏石番矢句集『空飛ぶ法王』が出版される。

この句集には、欧米に対する批判もこめられている。この世の人間たちのどうしようもない愚劣さも詠んでいる。

パリの大学で学び、ジャーナリスト・文筆家として働いたことのあるオダイマ氏も、フランスへの幻滅をインタビューで表明している。

一日も早くシリアが平和を回復することを祈る。

  ダマスカスの瓦礫へ降りる空飛ぶ法王  夏石番矢


参照
シリア版『空飛ぶ法王』近刊!!!
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201702article_10.html

この記事へのコメント

  • Tsuji-Boston

    >あいかわらず侵略主義、植民地主義が続いている。

    歴史的にはアラブ諸国の国境線、アメリカ・カナダの国境線、アメリカ・メキシコの国境線、半島の38度線、直線的な国境線は全て侵略主義、植民地主義の名残り。

    軍事的・経済的支配、内政干渉の新植民地支配は現在も続いている。
    2017年02月12日 22:11
  • Fujimi

    安倍晋三首相の訪米貢物は、日本の年金というのは本当ですか、ボストン在住の辻博士?
    2017年02月13日 17:49
  • Tsuji-Boston

    51兆円という額の信憑性は?日本の国家歳入に匹敵する額です。事実とすれば為替介入に使う資金を使うのでは?受注する日本企業にどの位戻ってくるのだろう?
    2017年02月13日 22:56
  • Fujimi

    貢がないと、短命政権になるのは事実。対米隷属政権が長期政権では、国益など望めません。
    2017年02月14日 15:31

この記事へのトラックバック