建学の精神

近年はじめてまともな建学の精神について、語られるのを聞いた。日時と場所は伏せておく。

大学の存在とありようが、国の機関の愚かな方針によって、また18歳人口の減少、受験生や在校生の父兄の収入減などによって、厳しさをつのらせているとき、目先の実利や小手先の改変によって、これらの悪条件は決して乗り切ることはできない。

これまで各大学で設置された新学部や新学科も、これらの悪条件を、ほんとうに乗り切れるのだろうか?

既存の学部や学科も、現状維持できるだろうか?

そういうときに、建学の精神に、現代性や未来性を再発見して、より積極的に対処することは、きわめて重要だ。

そうでなければ、大学は出入り可能な牢獄になってしまう。

  牢獄に入り花道へ出る夢を見る真冬  夏石番矢

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック