スイカをめぐって

ベトナムの旧正月テトでは、スイカが付き物。

ベトナムでは、一年中スイカが実り、とくにテト正月に食べられる。

画像


スイカは、福(裕福、幸運、健康)の象徴として親しまれている。

そして、梅や桃がテト正月には飾られる。

画像


こういう歳時記感覚は、日本では決して理解されない。「所変われば正月変わる」と言わなければならない。

俳句で、国際的には季語が役に立たない一例。つまり、世界俳句では、季語は地域の差異を際立たせる。

日越で、「西瓜」、「梅」、「桃」、「正月」の暗示する内容が、共通する部分よりも、違いのほうが大きいのである。

私がベトナムで俳句が作りにくかったのは、似て非なるものがベトナムに多かったからである。

ところで、日本のM大生にスイカが成った畑を見たことがあるかと質問したら、誰一人して見た者はいなかった。

21世紀の日本人は、自然や農業から縁遠くなるばかりなのだろう。

 一年中西瓜の花咲く国で俳句  夏石番矢


参照
ベトナムの俳句雑誌
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201303article_32.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック