無良崇人の涙

11月1日(土、現地時間)、ISUスケートカナダ2014、男子シングルで、無良崇人が、ハビエル・フェルナンデスらを破って優勝。

キスクラで、無良は涙をタオルで拭う。昨シーズンは、オリンピックシーズンながら不調。

今回、FS「オペラ座の怪人」は、ほぼノーミスで自己記録更新。

髙橋大輔引退後、羽生結弦、町田樹、無良崇人と、日本男子黄金時代続く。

ジュニアの宇野昌磨も4Tが国際大会で成功し始める。

  氷上を駆け抜け若い父の涙  夏石番矢

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック