悲しみの変化

ある悲しみが、別の悲しみに変化。喜ばしいことながら。

親子と言えども、理解できないことがある。

人間はわがまま。もろいようで強い。

  悲しみの変調をうべなう冬の日差し足元に  夏石番矢

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック