「俳句の新詩学⑫ 三句構造の力」送稿

「俳句の新詩学⑫ 三句構造の力」を、「俳句四季」2014年12月号(東京四季出版)向け送稿。

この連載も、無事1年間12回執筆完了!!! 俳句詩学にとって最も中軸と夏石が考える三句構造の力について、『古事記』やら芭蕉などを引き合いに、最後は初歩数学を使って、考察してみた。

たぶん、誰も言っていないことがらだと思う。

もう1年分、何をテーマにするかこれから考える。

写真は、夏石番矢「俳句の新詩学⑪ 翻訳でつまずく和歌」掲載の「俳句四季」2014年11月号。

画像



参照
「俳句の新詩学⑪ 翻訳でつまずく和歌」送稿
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201409article_24.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

「俳句の新詩学⑬ 千利休の美学と俳句」送稿
Excerpt: 「俳句の新詩学⑬ 千利休の美学と俳句」を、「俳句四季」2015年1月号(東京四季出版)向け送稿。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2014-11-20 21:51