親和的自然観は無意味

日本では、自然に親しむということが、限定なしで信じられているふしがあるが、それはどんでもない錯覚、いや認識不足。

活火山の危険性を忘れていたのが、今回の御嶽山爆発の死者多数を含む被害拡大につながった。

私たちは地震の巣の上に住んでいるし、その地下には、現在の学問では察知も予知もできないマグマなどの活動があり、いまは活動期に入っている。

親和的自然観で対処していたら、とんでもないことになる。

  人々の休日を灰で封殺した火山に雨  夏石番矢

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック