星田神社へ電話

2009年4月、父母(父は実家、母は介護施設)が郷里の兵庫県相生市で健在のときに、立ち寄った大阪府交野市星田神社の宮司さん、佐々木久裕さんへ電話。約5年ぶりの接触。

『古事記』ノート(10) 天之御中主ふたたび
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200911article_22.html

物部氏が、朝鮮半島から渡来した職能集団だとしたら、何系か? 物部氏の祖神で太陽神のニギハヤヒは、加羅系のイザナキとはまったく、別系統。それでは何系かという疑問を宮司に問う。

これについて、「ツングース・扶余」との答えが返ってくる。「本気にしないでください、先生」との留保付きで。

明治大学法学部専門演習(比較文化 古事記)のための調査の一環。

  北極星を知りつくす者五月蝿(さばえ)に泣く  夏石番矢

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック