一過性の反省ごっこ 広島と長崎

広島と長崎、そして唯一の被爆国だから云々という常套句が繰り返される季節。

しかし、日本は本当に唯一の被爆国なのだろうか?

たとえば、アメリカやNATOによる劣化ウラン弾投下による被爆国は存在しないのだろうか?

福島原発爆発による被害は、現地やその近辺に限定されるわけではない。2011年3月にとくに集中した、大量の放射性物質放出による被害はこれから明確に出てくるだろう。

太平洋の汚染は、このままでは半永久的だろう。

あいかわらず、東電の発表を鵜呑みにした報道しかできない、日本のメディア。これも犯罪的。

広島と長崎への原爆投下を被害者づらして受け止める事態は、2011年以降終わったはずだが、今年も一過性の反省ごっこが繰り返される。

  終わらない反省ごっごと放射能  夏石番矢

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック