年末からまた2号機メルトダウン

正月はブログ更新を休むつもりだったが、12月31日(月)午後から夕方の数時間、放射線量がやや高く、毎時0.16マイクロSV前後だった。気のせいかと思ったら、また福島第一原発2号機で、メルトダウンが起きているようだ。格納容器の底とその直下部分の温度が150度前後。

まっちゃんのブログ
福島第1原発2号機の圧力容器下部の温度が150度を超える
http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11438644567.html

その後、わが家の線量は安定。2号機の温度は高温持続。さてこれからどうなるか。去年は、2月に同じ部分が200度を大幅に超えた。

起きたことを無かったことにする東電
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201202article_25.html

線量計アラーム鳴り続ける
https://banyaarchives.seesaa.net/article/201202article_26.html

富士見市の自宅を避難するほどではないが、大変な状況は、新年であろうとなかろうと続いている。

  下痢続き新年も壊れゆく原子炉  夏石番矢

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

今年も福島原発は1月要注意
Excerpt: 福島第一原発が実際どうなっているのか、まともな情報が、国内ではほぼ皆無な状況で、2014年1月、福島県でセシウムの降下が観測されている。たぶん、福島第一原発で大きな核反応がまだ起きている証拠。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2014-01-19 12:48

セシウム134とセシウム137が福島に降っている
Excerpt: 定時降水環境放射能測定結果(暫定値)(第896報) http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec_file/monitoring/kousui.pdf
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2015-01-09 20:51