老母の回復と秩父行き

12月12日(土)夕方、赤穂市の長姉に電話すると、入院中の老母が、ゼリーを口にできるまで回復したとのこと。元の介護施設に戻れるかもしれないと告げた。うれしいが、11年間、世話をしてきた姉たちは、まだまだ気の抜けない日々が続く。

13日(日)、秩父市のポエカフェ武甲書店開催のトークと俳句朗読は、予定通り開催できるだろう。丹下尤子さんも参加してくれる。これを喜びたい。現地の浅賀信太郎さんによると、予約も入り、熱心な人たちが集まってくれるとのこと。

12日(土)は、実によく寝た。贈呈された小説を1冊読破する。生まれ変わりについての小説。

    母をよみがえらせるため眠る眠る濃く眠る  夏石番矢


参照
12月13日俳句朗読とトーク
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200911article_9.html

年賀状とお節料理ペンディング
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200912article_13.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

三人俳句朗読Vol. 2 夏石番矢トークライブ完了!
Excerpt: 12月13日(日)午後2時半~5時半、秩父市のポエカフェ武甲書店で開催の、
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2009-12-14 16:48