角川学芸出版「俳句年鑑」に住所掲載を拒否する

角川学芸出版から、非常に失礼で、馬鹿な文面が、各俳誌発行者へ送られて来ている。麻生太郎首相と、どっこいどっこいの日本語能力の持ち主が書いた文書だろう。

    あの太郎一画漢字しか書けず  夏石番矢

ブログ 鎌倉佐弓
角川「俳句年鑑」2010年版
http://ssayumi.at.webry.info/200908/article_2.html

「ご結社各位」で始まるこういう馬鹿な文書を、全国にばらまくなんて、「俳句」の廃刊も、カウントダウンだろう。

しかし、「ご結社各位」って、まともな日本語だろうか? こんな奴らが、編集にタッチしていいのだろうか?

  後家後家後家後家ご結社各位へ珍文書  夏石番矢
 
去年は、夏石番矢の自選俳句を「俳句年鑑」へ送らなかった。今年は、住所掲載も拒否することにした。

画像


    冷夏の東京猿より馬鹿な編集者  夏石番矢

「角川学芸出版」は、「角川無芸出版」、いや「角川無能出版」ではないか?


参照
角川学芸出版からのはがきと封書をゴミ箱へ
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200808article_12.html

日本語の問題 俳句の問題 月刊「俳句」廃刊予想
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200806article_28.html

「日本の阿呆編集者」
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200711article_22.html

俳句雑誌編集者のレベル
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200711article_2.html

「俳句朝日」「俳句研究」の廃刊についての感想
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200707article_3.html

「俳句朝日」廃刊
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200702article_5.html

句会や俳句結社の不毛
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200610article_14.html

この記事へのコメント

  • 驚いた

    ご結社各位ではなく、主宰者各位とか俳人各位ならばまだわかりますね。この編集部は、人間より「結社」に価値を置いているのでしょう。
    2009年08月04日 21:40
  • Fujimi

    ということは、俳句なんてどうでもいいわけですね。そこまで、俳人たちは馬鹿にされているのでしょう。こういう泥の世界とは、さらば!
    2009年08月05日 00:33
  • 猿の一人

    ここまでとは! 猿よりひどい!!!
    2009年08月07日 20:41
  • 豊里友行

    ご無沙汰しております。
    沖縄の俳人で写真家の豊里友行と申します。
    「吟遊」購読者です。
    確かに編集者も恒例になっている俳句年鑑の依頼書において不行き届きがあると思います。
    ですがその場合ご指導ご助言いただけるなら極貧の総合排紙にも活路の光がさすのではないでしょか?
    もちろん拒否する人も現れないと傲慢な俳句界は変わらないでしょう。
    ただこのようにボヤキのような駄作を作ると氏の品格を損なうように思います(氏の俳句は詩的飛躍のある俳句なのですから)。
    こんなことを提言するとお怒りになるかもしれません。
    ただ一夏石俳句ファンとしてはこのような言動に戸惑いを隠せません。
    失礼いたしました。
    2009年12月03日 16:00
  • Fujimi

    豊里君、角川の編集者たちや月刊「俳句」が、この30年間いかに俳句をダメにしたか、君はかわっていないようですね。角川春樹社長時代から、原稿依頼の不備どころか、角川の意向に従わない俳人への誹謗中傷、さまざまないやがらせ、俳人アンケートのねつ造、夏石と鎌倉に対する排除や無視など、たとえ角川サイドが土下座をしても許せませんね。君はまだ、ああいうゴミ雑誌に救いがあると錯覚しているようですが、悪い夢からは早く覚めたほうがいいのではないですか? それから、君の大量の句に朱を入れ、助言をしてあげた謝礼は払ってくれないのですか? たしか1万円と言ってきたはずですが、忘れたのですか? こういう貴兄の態度にもあきれています。品位を口にする資格がないと思いますが。
    2009年12月03日 20:04
  • Fujimi

    豊里君、沖縄や北海道で本州の季語を使って、俳句をひねるということが。いかに馬鹿げているか、気づいていますか?それは、「ホトトギス」や月刊「俳句」などが作り出した妄想にとらわれているというこを意味しています。存続に意味のない雑誌は、極貧になるのは当たり前。金銭的に極貧というよりも、無季俳句や自由律俳句、海外俳句も含めた豊かな俳句観を持てなかった精神的極貧が招いた事態です。秋山だの、海野だの、とんでもない編集長がゴミ雑誌「俳句」を出版していました。いまの河合はもっとひどいでしょう。鎌倉佐弓はあるパーティーで暴言を浴びせられて帰ってきました。ご指導ご助言に対して聞く耳を持っていない奴らです。月刊「俳句」の廃刊を強く望みます。
    2009年12月03日 23:19
  • 豊里友行

    俳誌のいろいろ内部事情まで知ならいでの無神経なコメント大変失礼致しました。
    ですがこれほど立派な俳人なのですからもっと前向きで建設的なお言葉使いをされたほうがと切にお願い致します。
    お助言の謝礼はきちんと払いますが、ジリ貧のためもう少しお待ち頂けないでしょうか?
    2009年12月05日 12:42
  • 豊里友行

    もうひとつ蛇足まで。
    中央都市の俳句中心なのはわかります。
    ただ「吟遊」などのように立派な俳誌を創られているのですから総合俳誌「俳句」の傲慢さへの過剰な反応を誰もが簡単に見れるインターンネットでさらさなくともよいのではと申しているのです。
    告発するには少し客観的な情報量も少ないように思えます。こうしてコメントをいただくまではどのような経由があったのかまで知るすべもありません。
    それに私はそこまで今の「総合俳誌 俳句」の妄想に踊らされていません。というかあまりにもツマラナイ読み物に相手にする気にもなりません。
    私が見たブログの証拠になる情報量では感情的な暴言を見ているようで嫌な気分だけが残るだけです。

    それらの俳句が駄作というのは大変失礼でした。
    2009年12月05日 13:02
  • 念のため季語について

    私は季語は地域性があってもいいと思っています。
    今私自身も「沖縄写真俳句歳時記」なるものを(無季も含む)なんとか編もうと四苦八苦しています。
    ですが季語を詩語として活かしても絶対化する気はありません。ですのでそれらの幻想に囚われているわけではありません(ただ毎晩私の枕元で鳴く蟋蟀など沖縄にもいますのでその点は読み手のご配慮を!)
    総合俳誌「俳句」は読み物としてつまらないので見てもいませんでした。
    今回何を批判すべきか考えるため読み漁っています。
    あくまでも批判は相手の良さを活かし悪さを改善すべきものと私は考えています。
    これからもどうかよろしくお願い致します。
    2009年12月05日 14:16
  • Fujimi

    勇気がないんですね。どうでもいいことしか考えていないんですね。豊里君も、かつてよくコメントを書いてくれたダイハード君も。表現するとうことは、誤解されようが、反発されようが、それをものともせずに前進することです。それを、日本の俳句愛好家がわかっていないから、私は現代俳句協会を退会しました。
    2009年12月05日 22:52
  • 豊里友行

    進撃に俳句という詩形に向かわれる夏石番矢氏のご発展を願います。
    2009年12月06日 10:38
  • Fujimi

    夏石フアンと言いながら、夏石の仕事の本質を理解もせず、こちらを引っかき回すばかりいて、去っていった人は、たくさんいました。
    2009年12月06日 11:53
  • onakamushi

    夏石番矢さま

    俳句年鑑とは何ぞや、とネットで調べていてここへたどりつきました。
    このように昔の記事に今コメントをして、読んでいただけるのかどうかわかりませんが、あまりに痛快だったのでコメントさせていただく次第です。
    後家後家後家…には爆笑しました(いやみではなく)!

    私も最近俳句を少しやります。
    不勉強なもので他人の句をほとんど存じ上げませんが、
    昔図書館から失敬した「現代俳句パノラマ」という本の編者のおひとりが夏石さまでした。
    だからというわけではありませんが、この記事を偶然目にして、夏石さまという人に興味を持ちましたので、また句集など拝見したく思います。
    それでは失礼いたします。
    2010年12月10日 23:31
  • Fujimi

    また、この雑誌の編集者交代しましたね。かまってられません。無能な奴らのたらい回しは、どこかの政党と同じですね。夏石のインドでの出版は、クレジットで購入でき、日本へ郵送されます。
    2011年01月17日 16:11

この記事へのトラックバック

角川学芸出版の「俳句」や「俳句年鑑」は紙屑
Excerpt: 角川学芸出版の「俳句」や「俳句年鑑」は、何の意味もない紙屑。こういうところに、私の名前や俳句が登場しないことによって、不名誉から逃れられる。この種の紙屑生産にタッチしていた編集者は、羞恥心や常識を持ち..
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2010-09-22 07:35

角川無芸出版、本郷より撤退
Excerpt: 角川無芸出版が、本郷から引き上げ、元のぼろビルへ撤退。消滅も近い。地上から、醜悪で有害なものが消えることは、原発の消滅とともに、喜ばしい。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2011-09-15 18:59

旧俳壇へ向いた奴はダメになる
Excerpt: 俳句が世界に広がったにもかかわらず、それに目を向けず、日本国内で吹きだまっている旧俳壇は、やがて消滅する。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2011-09-22 19:12

角川俳壇消滅へ
Excerpt: 今年の4月から、角川学芸出版の月刊「俳句」、月刊「短歌」の広告が、朝日新聞の第1面から消えた。もはや広告を出す余裕がなくなったのだろう。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2013-05-27 15:27

退職金なしで消える編集長
Excerpt: 角川無芸出版の???な月刊雑誌「俳句」の編集長だったS・Sという女性が、退職金なしで辞めさせられたそうだ。労働法に違反しないのだろうか?
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2015-05-16 08:30