「現代作家の肖像 俳人夏石番矢」校正

『藝術百家』第29篇(アートコミュニケーション)の、インタビュー「現代作家の肖像 俳人夏石番矢」の校正を見る。

日本人や日本のメディアが持っている俳句観は、古くて、狭くて、世界の現状から取り残されている。宝物のどこが宝か、わからない人々。

    ダイヤモンドを捨ててビー玉もてあそぶ  夏石番矢

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック