「俳壇」3月号の原稿送付

「俳壇」2009年3月号(本阿弥書店)の「平成ニューリーダー作家研究・平成クロニクル」のため、新作10句、自選50句、略歴、写真をメールで送るが、写真が条件に合わないとの返事が、編集部から返ってきた。

第4回世界俳句協会大会、東京ポエトリー・フェスティバル2008で写真撮影を担当した、竹浪明さんに、条件に合うものがないか、問い合わせ中。

作家論は、石倉秀樹さんによる

夏石番矢と「空飛ぶ法王」

が、すでに編集部へ送られている。編集部によれば「興味深く面白い原稿」とのこと。


参照
「夏石番矢・作家論」に石倉秀樹さんを推薦
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200812article_33.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

「俳壇」4月号にエッセイ「究極の俳句へ」
Excerpt: 「俳壇」4月号(本阿弥書店)のためのエッセイ(俳句論)、「究極の俳句へ」(10枚)を、メールで送った。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2009-02-12 22:00

「俳壇」2009年3月号から
Excerpt: 「俳壇」2009年3月号(本阿弥書店)が発売され、「平成俳人クロニクル⑬夏石番矢」掲載。同誌の目次抜粋を下に。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2009-02-17 19:57