2009年年賀状の「牛」俳句決定!

このところ、わが家の年賀状には、その年の干支を詠み込んだ、私と鎌倉佐弓の俳句を一句ずつ並べている。これから近所の印刷屋さんに年賀状の印刷を依頼するため、自分の「牛」の俳句をどれにするか決めた。このブログにも登場した一句。

    春を待つ熊野の山は千の牛  夏石番矢


出典 夏石番矢句集『楽浪』(書誌山田、1992年11月10日)

中上健次存命中の熊野通いから生まれた俳句。羽田発南紀白浜行きの飛行機から、熊野を眺めたときにひらめいた作。


参照
熊野・中上健次の思い出(4)
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200611article_1.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック