ラトヴィアからWHAC4初参加?

2007年9月14日~16日、東京開催の、第4回世界俳句協会大会(略称WHAC4)

第四回世界俳句協会大会へむけて
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200611article_5.html/

に対して、日本と海外からの問い合わせや、参加申し込みなどが、少しずつ届いている。かなり多彩なイベントになりそうだ。

秘密事項もあるが、たとえば、ラトヴィアを代表する詩人レオンス・ブリエディスから、スポンサーを探して、参加したいと、メールしてきた。
彼に送った『世界俳句2007』が届き、挟み込んであった参加登録用紙を見つけて、参加を思い立ったとのこと。

レオンス・ブリエディスは、「百万本のバラ」のリトアニア語版原詩の作者。

「百万本のバラ」の原詩作者と「空飛ぶ法王」
https://banyaarchives.seesaa.net/article/200701article_13.html

そして、たぶん、ラトヴィア初の句集の著者となるだろう。世界俳句の歴史が確実に動きつつある。

彼が初来日できることを祈ろう。

この記事へのコメント

  • 風花

    詩人レオンス・ブリエディスが参加されるのなら、「百万本のバラ」の歌が聞きたいです!
    2007年02月14日 17:39
  • Fujimi

    ラトヴィアからの初参加、おかげさまで実現しました。
    2007年09月23日 23:39

この記事へのトラックバック

「マーラが与えた人生」試聴
Excerpt: 「百万本のバラ」の原詩、ラトヴィアの「マーラが与えた人生」が、なんと日本語版で、初リリースとのこと。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-02-26 15:20

WHAC4へ内蒙古から5人参加予定
Excerpt: 日本に帰化した内蒙古出身の富川力道さんが、2月26日に、わが家に遊びに来た。急に通訳の仕事が入ったので、午後来訪の予定が、午前中になり、昼飯までの訪問となった。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-02-27 10:54

ラトヴィア語版「空飛ぶ法王」60句
Excerpt: ラトヴィアの詩人、レオンス・ブリエディス (Leons Briedis) から、彼が編集する文学雑誌、
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-04-09 17:15

ラトビアとルーマニアに「毎日新聞」届く
Excerpt: 「毎日新聞」2007年10月22日(月)夕刊掲載の、
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-10-30 19:05