「百万本のバラ」の原詩作者と「空飛ぶ法王」

「百万本のバラ」は、加藤登紀子のヒット曲。

この歌のメロディーが流れるサイト
http://www.fk.urban.ne.jp/home/kazuaki3/utagoe54.htm
この歌の来歴を書いたサイト
http://byeryoza.com/topic/log1/rosa.htm

これは、もともとソ連の歌ではなく、ラトヴィアの歌だった。
そして、そのラトヴィア語の原詩の作者と、私は出会っていた。

このことを、ラトヴィアからの郵便物で、きのう知った。

2003年9月、マケドニアで開催のストゥルーガ詩歌の夕べ(Struga Poetry Evenings)

http://www.svp.org.mk/uk_03_part.htm

で、さまざまな国から来た詩人たちと出会った。そのなかでも、自由時間を一緒に過ごした詩人は、なつかしい。とりわけ、レオンス・ブリエディス(Leons Briedis)は、忘れがたい。

http://www.svp.org.mk/spe2003/ucesnici/leons-briedis.pdf

左手前の黒服を着ているのが、レオンス・ブリエディス 右隣が夏石番矢
画像


ストゥルーガからの帰路、スコピエのユース・ホステルで1泊したさい、そこのレストランで私のズボンに赤ワインを間違ってこぼして台無しにしたのが、このブリエディス。

    赤ワインをズボンに注いだ晩夏と詩人  夏石番矢

彼は、旧ソ連時代に投獄されたラトヴィア独立の闘士。首都リガに住んでいる。






また、彼は私に、自分はノーベル文学賞をもらえる、と明言した男。1946年生まれのブリエディスは、ラトヴィアを代表する詩人で、劇作家、翻訳家としても活躍している。離婚歴があることも、彼との会話で聞いている。

その後、彼とは音信不通だったが、去年の12月24日、突然、君の「空飛ぶ法王」を、日本語と英語で送ってくれ、ラトヴィア語訳するからと、メールしてきた。そこで、「空飛ぶ法王」シリーズの俳句60句の日本語原作と英訳を、メールで送った。
春に刊行されるラトヴィアの雑誌に、「空飛ぶ法王」の翻訳は掲載予定。

2003年9月のスコピエで、ストゥルーガ詩歌の夕べの最終朗読が行われ、私の「空飛ぶ法王」朗読は、聴衆に大きな笑いと反響を呼んだ。そのことをブリエディスは覚えていたのだろう。

このレオンス・ブリエディスが、「百万本のバラ」の原詩、「マーラが与えた人生」の作者だった。作曲者のライモンズ・パウルスは、ラトヴィア大統領に選挙で選出されたにもかかわらず、辞退した音楽家。この原詩の和訳全部を、下に引用しておこう。ラトヴィアの苦難が暗示されている。

http://byeryoza.com/topic/log2006/mara.htm

「マーラが与えた人生」

作詞 レオンス・ブリエディス
和訳 黒沢 歩

子どものころ泣かされると
母に寄り添って なぐさめてもらった
そんなとき母は笑みを浮かべてささやいた
「マーラは娘に生を与えたけど 幸せはあげ忘れた」

時が経って、もう母はいない
今は一人で生きなくてはならない
母を思いだして寂しさに駆られると
同じ事を一人つぶやく私がいる
「マーラは娘に生を与えたけど 幸せはあげ忘れた」

そんなことすっかり忘れていたけど
ある日突然驚いた
今度は私の娘が
笑みを浮かべて口ずさんでいる
「マーラは娘に生を与えたけど 幸せはあげ忘れた」

「マーラ」は、ラトヴィアの生命と母性の女神で、よくあるラトヴィア女性のファーストネーム。

このラトヴィア語のオリジナル曲を録音したCDを、北海道の東川ラトヴィア音楽交流協会が、2000円(税・送料込み)で販売している。作曲者ライモンズ・パウルス自身のピアノ演奏。
早速、私も注文してみよう。

東川ラトヴィア音楽交流協会
郵便振替口座 02760-2-44573
〒071-1492 北海道上川郡東川町東町1-16-1
電話 0166-82-2111 ファックス 0166-82-3644

上記へ郵便為替2000円を郵送して、「マーラが与えた人生」CDを注文すればよい。

追記
レオンス・ブリエディスという表記が、日本語での正しい表記。本人に確認して訂正した。

この記事へのコメント

  • 風花

    思わぬところで、繋がりがあるのですね!
    加藤登紀子さんが歌われる「百万本のバラ」の和訳が素敵!
    2007年01月10日 17:47
  • Fujimi

    「マーラが与えた人生」の和訳は、直訳調で、雑文的で、詩を感じさせませんね。残念です。もとのラトヴィア語の詩はずっといいはず。
    2007年01月10日 18:52
  • 小田陽子です

    初めまして、「マーラが与えた人生」を検索していてこのサイトにたどり着きました。東川町の皆さんの協力を得て、この曲の日本語版を出しました。ラトビアに出向き、勿論ブリエディス氏とパウルス氏の許可も得て、こぎつけたもので御座います。最初の和訳者黒澤歩さんと共著で新たに詩を書きました。少しばかり私のHPで聞くことが出来ます。誠に僭越ながら御一聴いただければ幸です。 http://www9.big.or.jp/~odayoko/エ御座います。
    2007年02月26日 03:27
  • Fujimi

    このサイトが、お役に立てて、うれしいです。
    さっそく聞いてみます。
    2007年02月26日 09:20
  • Fujimi

    上のURLのどこをクリックすると、聞けるのかいまひとつわかりませんでした。
    レオンスが第4回世界俳句協会大会(9月14日~16日、東京)のため、来日できたさいには、歌を披露していただけると、盛り上がります。
    2007年02月26日 09:36
  • Fujimi

    試聴できました。また、小田さんのCDについて記事をアップしました。
    2007年02月26日 09:57
  • 小田陽子

    なんと、お早い!もう御視聴くださったようで、有難う御座います。正確に言えば、「百万本・・」を長年歌ってきて(加藤さんの2年前にリリース)ある日、毎日新聞のの黒澤歩氏のラトビア発の小さな記事を発見。そここから原曲探しが始まりました。行き着いたのが北海道東川町。町長を初め多くの方々がラトビアに支援している町でラトビア文化交流会を運営なさっています。その伝でいろんな情報を得、「百万本」のリリースから20年以上経過した去年「マーラ」発売にこぎつけたのです。原曲も「百万本」同様、メルヘンチックなアレンジでしたが、思い切って、激動のラトビア、軍靴の響く背景で生れた風潮を表現したく、少し騒がしい埃臭いイメージのアレンジにしてみたのです。
    アイヤ・ククレのオリジナルを踏襲して最後に少女の声も入れました。
    すぐに反映してくださり、大変有難う御座いました。
    2007年02月26日 18:06
  • Fujimi

    小田陽子さんのほうが、ロシア版「百万本のバラ」を早く歌われたとのこと。敬意を表します。
    私こと、夏石番矢は、バルト三国それぞれの詩人と、いつか友人になっていました。リトアニアのコルネリウス・プラテリスも、国独立を担った詩人。元大臣で、とてもいい人柄。彼は第4回世界俳句協会大会に来ます。明治大学で講演もします。レオンスも来日できればいいですね。
    2007年02月26日 19:16
  • Fujimi

    レオンスは、第4回世界俳句協会大会に参加します。講演と俳句朗読を行います。
    2007年08月01日 00:04
  • 空を飛ぶカバ

    夏石番矢さまへ(RE.お返事)
     突如、おじゃまいたします。このサイトの記事をコピーし自分のブログにペーストしてしまった犯人です。メールをさしあげたかったのですが、方法がわからず、ここへコメントさせていただきます。百万本バラの原詩は何かという謎にとりつかれ、20年間、加藤登紀子氏の歌詞は不思議に思っていたので、このサイトに出会えたのは、本当に喜びでした。やっと原詩に出会えました。告白いたしますと、恋愛詩でなかったことは、少し残念でした。が、深い歴史的な意味をこめていたとは、感無量であります。原詩の訳を載せてくださったのには心から感謝いたします。本題に入りますが、この記事をコピペしてしまったのは、私の100%ミスでした。トップの画面を見なかったためです。「コピー厳禁」ときちんと書かれてあるのを昨日確認いたしました。心からおわび申し上げます。また、夏石さまの別のブログを拝見し大変お疲れであることもよく分かりました。俳句は、私自身は詠めませんが、周りにたくさん愛好者がおります。みなさん喜んで詠んでおられます。ここで、恥さらしですが、がんばりまして初句を。「寒月や 見あげるごとに 我かえる」
    2008年02月21日 18:53
  • Fujimi

    メールは、このブログからも届きます。私のメルアドは、世界俳句協会サイトなどからも探せます。間違いは、私にもありますので、次回から気をつけてくださいね。
    2008年02月21日 19:48

この記事へのトラックバック

「吟遊」第33号発送とおしゃべり
Excerpt: 昨日の午後1時から、「吟遊」第33号の発送を行った。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-01-21 21:21

ラトヴィアからWHAC4初参加?
Excerpt: 2007年9月14日~16日、東京開催の、第4回世界俳句協会大会(略称WHAC4)
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-02-12 16:45

「マーラが与えた人生」試聴
Excerpt: 「百万本のバラ」の原詩、リトアニアの「マーラが与えた人生」が、なんと日本語版で、初リリースとのこと。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-02-26 09:55

ラトヴィア語版「空飛ぶ法王」60句
Excerpt: ラトヴィアの詩人、レオンス・ブリエディス (Leons Briedis) から、彼が編集する文学雑誌、
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-04-09 17:15

「五十人の空飛ぶ法王」一挙掲載!
Excerpt: 2006年11月9日に招待され出席した、
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-05-16 19:29

連鎖を絶つ歌 「マーラが与えた人生」
Excerpt: 今、離婚裁判を闘っておられる彷徨人さんが号泣されたという「100万本のバラ」。 意味深い原曲の原曲に遭遇してしまった…。 加藤登紀子が訳詞で歌うのはロシアのヒット歌謡(↓)。 ★原曲 「百万本..
Weblog: あなたの子どもを加害者にしないために
Tracked: 2007-06-22 19:20

第4回世界俳句協会大会後援追加交渉
Excerpt: 第4回世界俳句協会大会 (WHAC4) の後援を、さらにいくつかの大使館に申請した。電話をかけて通じた、リトアニア大使館、ラトビア大使館、インド大使館には、書類を送付。エストニア大使館は電話に出ない。..
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-08-01 18:14

空を飛ぶ 【夢占いキーワード辞典】
Excerpt: 夢占いでは、空を飛ぶことは自由を意味していることからこの夢は今現在何かに抑圧されている...
Weblog:
Tracked: 2007-09-08 21:04

ラトビアとルーマニアに「毎日新聞」届く
Excerpt: 「毎日新聞」2007年10月22日(月)夕刊掲載の、
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-10-30 19:05

ラトヴィアへ日本語輸出
Excerpt: 実はいま、ラトヴィアで夏石番矢句集が進行している。そのために、日本語のフォントを、ラトヴィアへ送った。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-11-18 17:49

ラトヴィア俳句を和訳する
Excerpt: 「吟遊」第37号(吟遊社、2008年1月20日刊)のために、ラトヴィアのレオンス・ブリエディス父子の俳句を和訳した。英訳だけ送られてきたので、いくぶん英語を簡略化して和訳した。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2007-12-25 22:54

インドから『空飛ぶ法王 127句』出版へ
Excerpt: このほど、
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2008-01-04 21:24

ラトヴィアから招待状
Excerpt: ラトヴィアから、9月の行事についての問い合わせと、招待状が届いた。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2008-05-13 10:08

レオンス・ブリエディスへの色紙
Excerpt: ラトヴィアを、9月5日から17日まではじめて訪れる。同国のみならず、世界的に有名な詩人レオンス・ブリエディスのお世話になる。彼が翻訳・編集してくれ、息子さんの出版社が発行してくれる、夏石番矢句集『雲か..
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2008-08-23 19:41

「俳句 縦横無尽④」を高知新聞へ
Excerpt: 今日は体調が悪かったが、一仕事した。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2008-10-26 22:31

ラトヴィア詩「吟遊詩人」和訳
Excerpt: 「吟遊」第58号を受け取った、ラトヴィアのレオンス・ブリエディスから、「吟遊詩人」という詩が送られてきた。
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2013-06-01 16:59