知的情念 八木三日女の第3句集『落葉期』

実際に八木三日女と出会ったのは、第3句集『落葉期』出版直後だった。この句集は、何度も何度も読み、数々の引越しをへて、いま富士見市のわが家にある。カバーは、かなり傷んでいる。
読み返してみると、私の初期の句に漠然と影響を与えているように思える。

画像


『落葉期』、 著者八木三日女、昭和49年(1974年)10月1日発行、発行所牧羊社、定価1300円、216ページ。

私は当時、必ずしもすべての句を理解できなかったが、句集の最後を飾る句が気に入って、著者に句集の見返しに揮毫してもらった。

画像


この筆さばきに見られるように、八木三日女の教養には、オーソドックスな関西の伝統と日本の伝統があり、それを基盤として現代的な冒険や展開がある。

『赤い地図』では奥に隠れていた、日本の伝統や古代への思慕が、『落葉期』の一つの軸となっている。

    乱れ髪糸繰車その果ての

    銀河太し古き絵巻の怨み秘め

    地獄草紙の炎の舌の言の葉よ

    看とりわれ葵の上の髪炎えや

    遠雷の大和三山薪能

    ひぐらしの序曲焚く火の能舞台

    おんおんと森の膨張女舞

    ははそはのははの紫水晶透く

    島生みよかの落涙の赤い実よ

    遠砧母系の池の水鏡

    みのむしないてちちよそのまたちちよぢぢよ

もう一方で、高度経済成長期の日本の変貌に、現代的抒情を見出だしている作品もある。

    シケイロスの拳を沖に八幡町

    流星や陸をつくりに来た男

    煙突の林まつすぐ星落ちよ

    噴水の虹鉄神のオルゴール

    ツートンカラーのエレベーターの胎内下降

    無人遊園地ハスキーな声のこる

    屍臭かすかなビルの谷間にはばたくベル

    落葉期地下急ぐいつのまに鱗生え
    
この『落葉期』でめざましい成果だと私が評価するのは、八木三日女が自らの奥深い情念を、単純化して結晶させた次のような俳句である。情念が、ことばの知的操作によって、明確化され、読者の心身に響いてくる。

    火の鳥を呼び芥子の花植えている

    密林の紅蔦かずら天探す

    いそぎんちゃくの触手めらめら鉄格子
    
    深海魚身うごきすればばらばらに

    ずいずいずいころばしげばぼうころがし

    眼が痩せて飢千年の樹をつたう

    こおろぎの闇水のめば水のにおい

    まんじゅしゃげめらめら髪の紡ぎ歌

    植物園に棒立ちの愛まつさおな

    眼のくまは沼の深さに白鳥座

    旅のおわりの肺ばらばらに針葉樹

八木三日女が母として、成長する思春期の二人の息子から得たインスピレーションも、きれいごとだけではない美しさが見られる。

    次男の舟帰る夜明けの熔接光

    月明の階を降りくる夢精の天使

八木三日女が50歳になった年に出版された第3句集『落葉期』について、51歳になった私が、ようやく覚え書をまとめることができた。私の娘もいま、思春期まっさかりだ。そういう現在、『落葉期』という句集の題がよく理解できる。
この句集の核にある知的情念には、人生の後半に入った女性の、生に対する執着と諦念が渦巻いているのである。

この記事へのコメント

  • 風花

    知的で、感性の鋭い方ですね!
    私の薄っぺらい俳句が恥ずかしい。
    2006年12月10日 19:06
  • Fujimi

    そのうち、八木三日女さんが美女を軽快に罵倒する俳句が、記事に登場します。風花さんは、美女ですか?
    その痛快な句を、夏石の句が下敷きにしています。
    2006年12月10日 19:40
  • 風花

    わたしは、心美人ですよ!(爆)^^
    2006年12月11日 07:41
  • Fujimi

    心美人の励ましに、このブログは支えられています。
    2006年12月11日 11:42

この記事へのトラックバック

「吟遊」第33号入稿
Excerpt: 「吟遊」第33号(2007年1月20日刊、吟遊社、本体価格1000円、ウェブサイトhttp://www.geocities.jp/ginyu_haiku/)の編集と入稿の大部分を、鎌倉佐弓とともに、1..
Weblog: Ban'ya
Tracked: 2006-12-25 17:31