一橋病院へ はじめてとひさしぶり

手術後2年1か月後の検査と診断を受けに、小平市の一橋病院へ行く。猛暑の日の朝。 主治医の坂本信之先生がこの病院勤務となって3回目の通院。今回は、交通手段を変更してみた。まず、自宅を出発し、東武東上線鶴瀬駅から上り電車に乗り、武蔵野線へと乗り換え、このJR線の新小平駅ではじめて下車した。 駅前にタクシーが数台停車していたが利用せずに、青梅街道を東へ歩く。青梅街道は、青梅から江戸…

続きを読む

起きられない夢、鈴木武樹、古代研究、嫉妬心

この猛暑のさなか、あまりに疲れて、起きる体力と気力が出ない夢を見てしまう。実際に起きてみると、昼食をとる気になれなかった。 鈴木武樹という、明治大学教授のドイツ語の教員を務めながら、数十年前にメディアによく登場していた人の古代史本をネット経由で購入して読んでいる。朝鮮語を独学で学び、日本古代の地名や人名などの朝鮮語起源を説いている。残念ながら、この人は長生きできなかった。 アカデミズ…

続きを読む

新しい敷布団と古い敷布団

8月18日(火)午後、妻が注文した敷布団が届く。中はこれまでの羊毛ではなく、やや硬めのスポンジ構造。私は気づかなかったが、これまでの敷布団は黴びていたらしい。 暑い日々が続き、日中は除湿にして、寝ながら読書。新しい敷布団は、寝心地は悪くない。 記録していないが、奇妙な内容の夢を見ることが多い。上皇様とお話しし、「夏石さん」と名前を呼んでいただいた夢を見たこともあった。 このとこ…

続きを読む