散歩の小発見21 障子の影

日中と夜では、見えてくるものが違ってくる。夜の散歩中に、しばしば思いがけない光景を見かける。 夜間、すべての家は、明かりがついている家、ついていない家のどちらかに分かれる。明かりがついていない家の大半は空き家。 明かりがともっている家で、窓やサッシに障子がはめ込まれている家も、最近減ってきた。 とある家の障子。そこに投影されるシルエット。障子のそばに置いているものの影だが、とく…

続きを読む

散歩の小発見20 乾燥地帯の渓谷

残暑厳しく日中にできないので、夜に散歩していて、はっと立ち止まることがある。見慣れた光景に意外な絶景が現出していることがあるからだ。 これを見て、まだ訪れたことのないエジプトの王家の谷、バスで通り過ぎたトルコ内陸部の渓谷を連想した。 これは、 散歩の小発見4 ジャガイモの花 https://banyaarchives.seesaa.net/article/202006…

続きを読む

小人閑居して不善を為す

「小人閑居して不善を為す」と言いたくなることが複数起きる。 小人閑居して不善を為す https://kanbun.info/koji/shojinkan.html 小人(「こびと」ではない。「しょうじん」)は、自分が小人であるとの自覚がない、だから、「不善」が「不善」であることもわからず、行ってしまう。その結果は、悪い連鎖反応しか生まない。自らの価値を自分でわざわざ下げているのは言…

続きを読む