「俳句四季」2015年4月号向け「俳句の新詩学⑯」送稿

夏石番矢「俳句の新詩学⑯ 『戦争俳句』の近代とは?」を、「俳句四季」2015年4月号(東京四季出版)向け送稿。 正岡子規門下の瀬川疎山編『戦争俳句』について論じる。1904年刊行のこの俳句選集から、近代俳句の問題点を指摘。芭蕉俳句より後退しているとの結論。 下の写真は、夏石番矢「俳句の新詩学⑮ オランダ商館長の俳句」掲載の「俳句四季」2015年3月号表紙。 参照 …

続きを読む

唯一のわが油絵

屋根裏部屋にあった油絵。保存状態はよくない。 淳心学院中学・高校時代の1968年~1974年のどの年かの秋の「美術」の授業で描かれたもの。たぶん、1970年~72年の秋。 私が描いた唯一の油絵。東北訛りのある奥山武雄教諭の指導のもと、油絵具は、2~3種類だけ使った記憶がある。   椎茸の泡立つ襞の絵屋根裏に  夏石番矢

続きを読む

モンゴル詩人の句集に英語序文を書く

急遽、2月22日(日)午後3時半、モンゴルを代表する詩人ウルジン・フレルバータルさんの句集に、英語序文を書く。 この出版は、3月24日、ウランバートル開催のモンゴル俳句協会創立大会のため。 私は、この大会での俳句朗読のため、「わがモンゴル」10句を、日本語、英語、モンゴル語で印刷して、持参予定。 そのタイトル。日本語のみ揮毫。 参照 モンゴル俳句協会創立大会 …

続きを読む